賃貸物件を借りる場合には

会社を設立する場合には、いくつかの注意点をしっかりと事前に把握しておく必要があります。会社を経営するのですからリスクについても知っておくことは必要ではなく義務と言えるでしょう。

意外にトラブルになりやすいのが事務所を借りて会社を立ち上げる時です。アパートやワンルームマンションなどを借りる場合には、事業用として使用することができる物件かどうかの判断は必要になります。会社を設立した後に、いきなりダメと言われてしまって途方にくれる起業家の方はも少なからずいらっしゃいます。また、会社の看板を表に設置できるのかどうかについてもしっかりと事前に確認しなければなりません。

特にワンルームマンションなどは、元々住居用として作られていますので、近隣に住んでいる方への配慮などから禁止されている場合も多くなっております。また、コピー機やファックス、大きなエアコンを使う場合には、ブレーカーが落ちてしまう可能性がありますので、最大でどの程度の電力を使えるのかということや、これから会社に入れようと思っている電化製品がどの程度の電力が必要になるのかなども確認しておくようにしてください。せっかく借りた部屋を引越さなければいけない可能性も出てくることになります。

会社設立登記申請に必要な書類

会社の中でも株式会社は、法人として社会に対して大きな責任を持つことになりますので、会社の設立登記を行う前には沢山の書類が必要です。

簡単に紹介しますと、会社の代表取締役と会社の実印のある登記申請書、登録免許税の収入印紙の貼ってあるA4サイズの用紙、登記しなければならない内容を保存してあるCD-R、発揮人と個人の実印の押された定款、発揮人と個人の実印の押された発揮人の決定書、取締役と個人の実印のある取締役の就任承諾書、代表取締役と個人の実印のある代表取締役の就任承諾書、監査役と個人の実印が押された監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明、代表取締役と会社の実印の押された払込を証明する書面、代表取締役や会社、個人の実印印鑑届出書などがあります。

似たような条件の用紙が多くなっておりますので、間違えないように注意が必要となります。また、会社の登記申請をする前に定款の作成と認証を終えていなければいけないなど注意点も沢山あります。株式会社は他の方の力を借りて成立するようになっておりますので、細心の注意を払って書類を用意するようにしなければなりません。急いで用意するとミスが出る可能性がありますので、余裕を持って準備をしてください。

会社設立の大まかな手順

株式会社を設立する為には、会社設立準備をします。会社設立項目の決定や印鑑の作成が必要になります。次に株式会社の定款作成し定款認証手続きを行います。また同時に登記書類の作成や、資本金の払込や各種申請書作成を行います。その後、設立登記の申請や登記簿謄本の取得など会社設立登記の準備をしていくことになります。ここまで完成したら会社で使用する銀行口座を開設したり、税務署に届けるなど開業の届け出などを準備します。そこまでが全て完了したら会社設立が完了します。その後は会社を運営したり、助成金の申請などを行います。

ここまで簡単に説明しましたが、会社設立の手続きというのは多いのですが、行わなければいけない項目は意外とシンプルであることがわかると思います。この流れをしっかりと確認しておけば、急なチャンスが来た時でもひとつずつクリアしていけばしっかりと会社を設立できるのです。

また、会社の名前などを決めなければならないため、事前に準備をしておくことができない書類が大半ですので、前もって準備をしておくというのは難しいのかも知れません。しかし、大まか流れを理解できているのは会社設立を考えている方にとって重要になると思いますので、必ず確認しておくようにしてください。

参照資料【会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所
手数料無料で会社設立をサポートしている会計事務所のサイトです。

会社設立するメリット

現在、サラリーマンとして企業の一員として働いている方の中には、将来的に起業を目指して実力をつける為に仕事に打ち込んだり、人脈を培っているという方もいらっしゃると思います。また、現在は、個人事業主としてフリーランスで活動されている方の中にも、将来は会社の社長を目指している方は多いと思います。もちろん現時点で今すぐにという事はなくても起業のタイミングは思いがけず訪れるものです。

いきなりそのタイミングが来てしまっても、右往左往するだけで中々実際に企業する為の行動を起こす事が出来ずに、チャンスを逃してしまう方も大勢いらっしゃいました。独立するために最も重要なのは、独立のチャンスが来たら直ぐにそのチャンスに飛び込める環境を整えながら、気持ちの上でも準備をしておくことです。チャンスの波に乗れるか乗れないかは、運だけでなく日頃の過ごし方がとても重要になってきます。

会社設立を本気で考えている方は、実際に会社を設立する時に、事前の準備をしっかりと済ませているか、実際に会社を設立するために必要な書類、必要な流れをしっかりと把握しておく必要があります。そこでこちらのページでは、将来的に会社を設立しようと思っている方に突然チャンスが舞い降りた際に、パニックにならずにスムーズに会社設立の手続きができるようなアドバイスを紹介します。将来的に会社を設立しようと思っている方は、ぜひこちらで事前に知識を付けてください。