会社設立の大まかな手順

株式会社を設立する為には、会社設立準備をします。会社設立項目の決定や印鑑の作成が必要になります。次に株式会社の定款作成し定款認証手続きを行います。また同時に登記書類の作成や、資本金の払込や各種申請書作成を行います。その後、設立登記の申請や登記簿謄本の取得など会社設立登記の準備をしていくことになります。ここまで完成したら会社で使用する銀行口座を開設したり、税務署に届けるなど開業の届け出などを準備します。そこまでが全て完了したら会社設立が完了します。その後は会社を運営したり、助成金の申請などを行います。

ここまで簡単に説明しましたが、会社設立の手続きというのは多いのですが、行わなければいけない項目は意外とシンプルであることがわかると思います。この流れをしっかりと確認しておけば、急なチャンスが来た時でもひとつずつクリアしていけばしっかりと会社を設立できるのです。

また、会社の名前などを決めなければならないため、事前に準備をしておくことができない書類が大半ですので、前もって準備をしておくというのは難しいのかも知れません。しかし、大まか流れを理解できているのは会社設立を考えている方にとって重要になると思いますので、必ず確認しておくようにしてください。

参照資料【会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所
手数料無料で会社設立をサポートしている会計事務所のサイトです。