賃貸物件を借りる場合には

会社を設立する場合には、いくつかの注意点をしっかりと事前に把握しておく必要があります。会社を経営するのですからリスクについても知っておくことは必要ではなく義務と言えるでしょう。

意外にトラブルになりやすいのが事務所を借りて会社を立ち上げる時です。アパートやワンルームマンションなどを借りる場合には、事業用として使用することができる物件かどうかの判断は必要になります。会社を設立した後に、いきなりダメと言われてしまって途方にくれる起業家の方はも少なからずいらっしゃいます。また、会社の看板を表に設置できるのかどうかについてもしっかりと事前に確認しなければなりません。

特にワンルームマンションなどは、元々住居用として作られていますので、近隣に住んでいる方への配慮などから禁止されている場合も多くなっております。また、コピー機やファックス、大きなエアコンを使う場合には、ブレーカーが落ちてしまう可能性がありますので、最大でどの程度の電力を使えるのかということや、これから会社に入れようと思っている電化製品がどの程度の電力が必要になるのかなども確認しておくようにしてください。せっかく借りた部屋を引越さなければいけない可能性も出てくることになります。